34歳サラリーマンの崖っぷち転職ブログ

34歳、妻子持ちサラリーマンの転職ブログ。3社目を入社わずか3カ月で休職中。借金480万もあって大ピンチのなかでの転職活動を記録します。

みんなが働いてるときに喫茶店にいる惨めさ

こんにちは!ピンチーです。


今日はお金もなく、朝からずっと同じ喫茶店にいます。


嫁には休職中であることを言ってないため、家には帰れません。


昔ドラマとかでよく見たリストラにあって家族に言えず公園で時間を潰しているサラリーマンの気持ちがよく分かります。


働いていたときはこの自由な時間が欲しくてしょうがなかったけど、いざ時間ができると働いていない自己嫌悪でいっぱいになります。


1日働いたあとのあのなんとも言えない達成感もなく、週末の喜びもない。


周りの目も気になります。あのサラリーマンあんなサボってて大丈夫なの?という冷たい視線を感じます。


実際には誰も気にも留めてないのでしょうが…


元気に普通に働くことがどれだけ素晴らしいことかを実感しています。


多少苦しくても頑張り続けるのがいいのか。


ただ、自分の場合は本当に限界だったと言い切れます。


会社にいると襲って来るなんとも言えない不安感。朝会社に行くのにどれだけの決意が必要だったか…


あの気持ちを忘れずに転職活動を頑張るしかないですね。